祈りにかえて

文章練習・雑記雑感・読書日記・調べもの進捗報告書/140文字以上用メモ

アトムの最終話の趣味が悪すぎるのでぜひ読みたい

 漫画『鉄腕アトム』を読んだことはありませんが、『ひとびとの精神史 1960年東京オリンピック』に掲載されている小論文「手塚治虫――逆風が育んだ「マンガの神様」」を読んだことがあります。

 

 「ロボットが正義のために戦う!」みたいな話の印象が「鉄腕アトム」にはありますけど、手塚自身が目指したものは差別問題や民族主義問題、ディスコミュニケーションなどの人間性を追求する話だったそうです。正義!みたいなのはアニメ放映がされる過程で、TV局側が子供たちにわかりやすくなるように寄せた……っぽかった。

 なので手塚からしてみればその印象は意図せざるもので、そのことによって「自身の意図せざる『鉄腕アトム』という漫画」の存在に苦悩していたことは、『鉄腕アトム』最終話の「アトムの最後」という、幸せなアトムの世界を滅茶苦茶に破壊している漫画に強く現れている……らしい。

 「アトムの最後」はロボットに人間が飼われてる、みたいなある種のディストピア話です。

 

(ウィキペディアでホントすみません)

 まあそれはともかく、アニメと違い漫画にはそういった「アトムが人間の友達に「親がいない」といじめられ、博士に親を作ってもらうがまたしてもいじめられる、ロボットの親もあくまで「人間には逆らわないこと」を教えてくる」話や、自身がロボットであることに葛藤・苦悩する描写が多いらしい。

 『鉄腕アトム』は1950年初期から1960年代の終わりまで連載されているので、きっと少年時代のおやしおも熱中していたのではないだろうか。アトムに自分を重ねていると良い。(人間の友達と己を対比するとか……人間の友達がいるのか知らないけど……)

 

 『鉄腕アトム』は全巻セット(10000円)のものがAmazonで売ってるみたいなので、いつか欲しいです 。ただちょっと高い。kindleは300円ほどで一巻を買えるようなので検討してみます。

 

 『ひとびとの精神史』を読みながら上記のことを考えていたのを、同書を読み返して思い出しました。逆を言えばすっかり忘れていた。やはりメモなりevernoteに資料をまとめるなりしなくてはならないのだと思いました。

 「ぽい」「らしい」が記事に多すぎる。無責任をやめよう。

「ホーネット」(CV-8)発見

  ホーネット~!ドーリットル空襲のフネ…。

 

 

 

 書いてます。

 

f:id:lotushasu17:20190213164949p:plain

 

  (日露から日清に飛んでるのは承知してます)

続きを読む

呉!@二日目

呉!行きました。二日目のやつ。

 

f:id:lotushasu17:20190205131021j:plain

「あきしお」の後舵の後ろに「you me」の文字。ここから見たとき「「ユーミー」ってなんや…?」と思っていましたが、これが宮咲さんが仰っていて私自身の口からも数度出ていた「ユメタウン」なるもののスペルだと知る(「夢タウン」と書くのだと思っていた)。

 

 

↑前回の

 

 

 ◎宮咲さんの推しの一隻「すずつき」(通称・すーくん)が呉に現れたのが特記事項。

 

てつのくじら館(二回目)

 決戦の時がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!みたいなテンションで入りました(前日もすでに入っているけど)。

 

f:id:lotushasu17:20190205131658j:plain

  「館」の横の看板の「2004年あきしお除籍」の文字に、「意外と最近なんだよなぁ」的な話をしながら入館。

 「ちょっと退いてもらっていいですかそこ撮ります」とか言いつつ見て回りました。

 

 二階の最初の展示は掃海コーナー。

 

f:id:lotushasu17:20190205132140j:plain

 

 後述する潜水艦コーナーより密度が高いという感想。いい意味でごちゃごちゃしている。いろんな意味で掃海感がある。

 

 特設コーナーがあって、「現代艦艇の名前の付け方」という看板には「「長すぎない」「海上保安庁で使われていない」などを考慮」という文字が。

 てつのくじら館で一番読み応えのある場所が掃海コーナーだと思うんですけど、「私は潜水艦コーナーに居座るぞ!」と宣言し宮咲さんを放置して一人三階へ。

 

 

 三階へのエスカレーターを上がると、一番に迎え入れてくれるのがそう……

 

f:id:lotushasu17:20190205132725j:plain

 

 く"ろ"し"お"""""ーーー!!!!母なる艦~~!!

 

 なんで潜水艦コーナーってこんなに暗いんだろ……。

 「戦後はじめて日本にやってきた潜水艦は、太平洋戦争の傑作潜水艦だった」。「戦後はじめて」を指す時代が昭和30年(1955年)、「太平洋戦争」終戦が昭和20年(1945年)なことを考えると、10年のブランクがあるわけで、ごにょごにょ濁してるけど結構なお古なんですよね……。物は言い方。

 

f:id:lotushasu17:20190205133553j:plain

 

 

 くろしおは貸与式典の際、艦番号表記はまだアメリカ時代の「261」(日本では501)のままです。でも艦尾には「くろしお」って書かれているのよね……。

 

f:id:lotushasu17:20190205133840j:plain

f:id:lotushasu17:20190205133904j:plain

 

 

 前に書いた小説でここのシーンを書いてました。(→全部)

 「MINGO」表記のプレート(というか写真を見たら布っぽかった)を外した後ですね…。

 

 

f:id:lotushasu17:20190205134258j:plain

  宮「潜水艦見学行くと、乗組員さんがドヤ!って見せてくれる場所じゃないですか?」私「あるあるw」

 

 

f:id:lotushasu17:20190205134557j:plain

 

 

 

f:id:lotushasu17:20190205143234j:plain

 

 

 ここです。

 

 二人でいろいろと在来型などの話をしてました。

 宮咲さんが突如「すずつきを見に行きたい。艦船めぐりの12時便が欠航なので11時便に乗ります」とおっしゃられたので、私はてつくじに残り宮咲さんは艦船めぐりに行くという状況になりました。二人旅なのに別れちゃう。別に私たちは呉に遊びに来たわけじゃないので……。

 

 あきしおの中を見つつ階段を降り、カフェに移動(おひとり様)。

 

f:id:lotushasu17:20190205135351j:plain

 

 てつくじカフェ、おひとり様用の席が出来ていた。前はなかった記憶があります……(気のせいかな?)

 ここでガチャを二回回しました。前回は三回回したので我が家には5隻のあきしおちゃんがいます。

 

大和ミュージアム

 宮咲さん待機のためにてつのくじら館でボーっとしてたら、てつのくじら館のお隣にすごく良いものがあることに気づきました。そうです。大和ミュージアムです。

 

f:id:lotushasu17:20190205135731j:plain

  ↑大和ミュージアム

 

 受付の人に「(今11時半、12時集合なので)三十分でどうにかしたい」と言ったら、めっちゃ困惑された……。

 今は「長門」企画展が開催されていて、そこにめちゃくちゃ行きたかったのですが時間もあり泣く泣く断念。思いっきり速足で駆け抜けたのでほとんど内容を見れませんでしたが、「第六潜水艇」艇長・佐久間勉の遺書を見れたのは良かったです。あと迷った(最上階の室内遊園地みたいなの何?)

 

そうりゅうカレー(ハイカラ食堂)

 宮咲さんと合流し近くのハイカラ食堂へ。てつくじカフェでケーキを食べたという誤算もあり、私は大和ラムネと大和のオムライスとを食べました。

 

f:id:lotushasu17:20190205140602j:plain
f:id:lotushasu17:20190205140611j:plain

 (大和が推しの人みたい)


 大和ラムネは開けたら思いっきり噴き出ました。

 

アレイからすこじま(二回目)

 写真が無い。一日目で満足していた模様。

 

 この後は特記することは特にないです。呉→広島→名古屋→東京まで帰りました。新幹線が一時間遅れたことがまたもや誤算なんだよな……。

 

 めちゃくちゃ楽しかったです。ありがとう宮咲さん!ありがとうすずつき!

呉に行った@一日目

 

  1/27から28にかけて呉に行きました。名古屋で宮咲さんと合流しましたよ。一日目のレポ。

 

 ※後日ちまちまと加筆すると思います(たぶん)

 

 

 

せきりゅうカレー(駅膳)

 

 呉についてまず初めに、呉駅の「駅膳」さんにいきました。

 

  おいしかった……

 

 思わず「おいしい~^^* 美味しすぎてデコイ……じゃなかった、ほっぺが落ちそうだよ~(>_<)」的なツイートをしようとしましたが、私はそこまで攻めた人間ではないのでじっと堪えました。

 ジモティーに愛されてそうなお店でしたね!居心地がよい。シールを頂きました。カレーに刺さっていた旗も自主的に回収。

 

 

てつのくじら館(一回目)

 

 なんか思ったより早く着いて時間余っちゃったネー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー とのことで、てつくじ周辺をうろちょろすることに。

 「あっちょっと待ってください、今カメラ出すんで、ここ資料に使えますんで」と三回は宮咲さんに繰り返し、周辺の写真を撮りました。

 

f:id:lotushasu17:20190201195940j:plain
f:id:lotushasu17:20190201195934j:plain


「陸に上がった潜水艦」に使いますんで……。

 

 

 

f:id:lotushasu17:20190201200109j:plain

 入口だけ入りました。

 

 

  こういう感じに使いますんで。

 

 

 

f:id:lotushasu17:20190201200226j:plain

 近辺もうろついてみました。

 てつくじのお隣が日立物流さんの建物で、入り口に日立さんが協力した「あきしお」移送の当時の様子の説明が書いてありました。

 

第一庁舎

 第一庁舎は坂の上にあります。てつくじ周辺から歩いていきました。

 登っていく坂の上の青い天に、もし一つの第一庁舎が輝いているとすれば、それのみを見つめて、坂を登ってゆくであろう……。

 

f:id:lotushasu17:20190201200511j:plain

 

 説明の前の注意事項で「資料が少ないからあいまいなところが多いし、定説が覆る可能性もあるので注意ね~」と自衛官の女性の方に言われました。

 赤煉瓦も、イギリスから持ってきたやつじゃなかったらしい。

 

印象的だったこと

 ①「ははじま」の鐘がある(が、なんで「ははじま」だかはわからない)

 ②なにかの錨が置いてある(が、何の錨だかはわからない)

 ③裏庭の鯉が去年あたりに全滅した(ので再び放流した)

 ④裏に位置する例の長く大きな階段の上に立った時、彼ら帝国海軍の人間は70年前にここから海を見てたんだよなぁとなりました。風が少し異質な感じがする。

 思わず宮咲さんに「私の擬人化すみません!!」と小声で呟いていた記憶。

 

 ご同行した5歳くらいの男の子が、植えてあった草をむしってたのがすごい気になった。

 

艦艇見学

 案内役の自衛官の方は、最初は艦の説明をしていたのですが、だんだんとネッシーや不明生物の話で盛り上がっていたのが印象的でした。とても詳しかったです(どっちも)。

 

f:id:lotushasu17:20190201202054j:plain

 出、出~~www海軍海自通初命名島降雪~~~ww

 

 

  宮咲さんがしゃがんでたので靴紐直してるのかな~?と思ったら空薬莢の跡を撫でまわしてました。狂気。

 

 

 

 「はたかぜ」が標準だと思ってたので、ある種の大人しさを感じました。逆にビビった。

 

 

 

f:id:lotushasu17:20190201202605j:plain

私「旗の後ろに艦が映ってるの良いですよね」宮咲さん「わかる」

 

 潜水艦の艦番号は最近シール状になったらしいです(シールを剥がすとのこと)。

 なんで「すぐ消すのに艦番号をわざわざ書くの?」とお聞きしたら、「昔の写真の使いまわしかもしれないと思われるかも……こっちもちゃんとやってますよアピールみたいな……一応税金でやってるので……」(あくまで大意・もう少し丁寧な説明でした)とのことでした。それ以外にもいろいろ理由はあるのでしょうが……。

 自衛官の方にお話しを聞いていたら、一番最後の退艦になってしまった。

 

アレイからすこじま(一回目)

 

f:id:lotushasu17:20190201201453j:plain

 

 潜水艦桟橋~~~!!!ちはや……

 潜水艦桟橋の入り口には「防衛省広報板」があるのを知ったのが収穫でした。小さくてかわいい……。潜水艦ズが勝手に何か貼ってるはず……。

 

 

f:id:lotushasu17:20190201201700j:plain

 

 ん…?これは……!?

 ヒストリアの「伊400」回でやったやつだ!!この問題は解けるぞ!!

 

 

  なんだっけ……旧海軍潜水艦の魚雷を積み込むやつでしたっけ……???もう一回見なければ……(おわり)

 とてもよかったです。潜水艦桟橋サイコ~!!甲子園みたいに潜水艦桟橋に本籍を置きたい。

 

艦船めぐり(臨時便)

 

 

 カシャカシャ言ってるのは私の一眼レフです。ダブルカメラです。

 横須賀しかり、撮るのに夢中で生で見ることが減ってしまう。よくないと思います。 

 

f:id:lotushasu17:20190201203445j:plain

f:id:lotushasu17:20190201203457j:plain

f:id:lotushasu17:20190201203527j:plain




f:id:lotushasu17:20190201203409j:plain

 

 ちはやのケツが一番かわいいと思う。 

 

 寒かった。

 横須賀は「商売」「接客業」って感じがするけど、艦船めぐりはいろんな意味で””近い””よなと二人で話していました。

 

もちしおカレー(一瑳)

 

f:id:lotushasu17:20190201203658j:plain

f:id:lotushasu17:20190201203709j:plain

 高級感あふれる居酒屋でした。カレーもうまい。シールはもらえなかった……。

 

 ホテルで宮咲さんが水彩絵を描いていたのが印象的でした(私がまきなみchangをリクエストしました)。

 

 二日目に続きます。

 

20190205 追記・

orangeofdawn.hateblo.jp

旧海軍潜水艦イメソンのメモ

 旧海軍の潜水艦を考えるときに聞いてる主な曲のメモ

瑠璃色の地球(「この地球の日々たちへ」バージョン)

瑠璃色の地球(「この地球の日々たちへ」バージョン)

  • 手嶌葵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
결혼식

결혼식

  • Cho Young Wook & The Soundtrackings
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Suite for Cello and Orchestra from

Suite for Cello and Orchestra from "Memoirs of a Geisha": The Chairman's Waltz

  • ジョン・ウィリアムズ, ヨーヨー・マ & シカゴ交響楽団
  • クラシック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
魔法使いのワルツ

魔法使いのワルツ

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Keaton's 「THE GENERAL」 Movement 5

Keaton's 「THE GENERAL」 Movement 5

  • 久石 譲
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

20190213・追記

ototoy.jp

「彼らはぼくの存在意義。彼らはぼくの存在価値。ぼくの小さな神さま」

 近況を書こうとしたけど、疲れて毎日を虚無な感じに生きているので特に書けることがない。

 

 「ぼくの小さな神さま」という、在来型船型潜水艦の栄光から終りみたいな長編小説を書いています。

 ちょっとづつ書きたいこと・書きたいシーンを書いてから、後々しっかりしたプロットを書き出し、その上で小説になるように合間合間を肉付けしようと思っています。なので今は主にハイライトを中心に書いているのですが、ハイライトのみなのにもう70ページもある……。

 ウラジーミル・ナボコフ『アーダ』みたいないい意味でも悪い意味でも冗長な小説が好きで、今回の長編小説は『アーダ』を読みながらひっくり返しながら書いています。なんで?なんとなく……。「ひっくり返しながら」というのは、単語などを模範しているとかではなく、『アーダ』特有のぶっち切ったノリで元気をもらって小説を書くためです。『アーダ』の原題は「アーダあるいは愛欲、ある家族の年代記(ADA OR ARDOR A Family Chronicle)」というのですが、私の書いている小説も「ある在来型の年代記」みたいになっている。あるいは「潜水艦くろしおの生涯」かな?

 書いてて楽しい反面、一つの(自分解釈の・自分なりの)「正しい歴史」「公式見解」を通しで書いてしまうと、後々になって書き直せなかったり・書き足せなかったり(むしろ後者が若干厄介)するのでは、と思っています。まあ未来のことなんか考えても仕方ないですし、いつ艦艇擬人化をやめるかもわからない以上、書きたいなら書くべきだと思いました。

 A5、500ページ以内にしたいけど上記したようにもう70ページある。A5、500ページを超えると同人誌としてキツくないか?とも思わなくもないのですが、最悪は分割するか……という結論に達しました。あとwebに一話づつ載せていって最後に本にします。フランス表紙を狙ってる。

 まあそもそも完成するかもわからない以上、ここまですべて杞憂ですけどね!!3年後くらいには完結させたいです。完結しなくても、現在「小説を書いているけどここの史実がわからねぇ」を補完しているので、何かの糧にはなるでしょう。少なくともこうやって長文をブログに書けるようにはなっていますね。ちょっと自分でもびっくりしてる。句読点の打つ位置はいまだにわからないけど……。

 読書が迷走しています。いろいろ試行錯誤した結果、自分に対し「何故読書をしたいのか?」と問い、「私は楽しい世界を覗くために自分のために読んでいる」「読書は面白いから」と自己に回答するとすんなり本が読めることに気付きました。そんな当たり前のことを問いかけてるの?そうだよ。若干「義務感」になりかけていたので原点に回帰したいです。

 昔コミティアの某で「オリジナル漫画が描けないのなら、オリキャラを作ってから物語を展開させればいい」と助言をいただいた経験があります。んな単純なわけね~べwと思いながらも実行したらすんなりネーム行けました。早めに清書したいです。

『読書の日記』『日本戦艦の最後』

  このブログを始めた理由は文章の練習のためでした。それと同時に、毎日人生の進捗を書いていないと色んな意味(主にメンタル面)で死にそうだったから、という理由も……。

 最近はこのブログについて思いを馳せなくなっていて、なにか心境の変化でもあったんだろうか?思いましたが、どちらかというと「肉体的にも死にそうになっていて、ブログを書く元気すらないから」な気がする。だめじゃん。

 ブクログをtwitterにも記載のはてなプロフィールにリンクしました。また消すかもしれないので直接リンクはしません(ということである日消えたらごめん)。

 このブクログは2013年2月から使っているので、もう使ってから6年経ちますね。欲しい本用なのでところどころ「読んだ」記録は抜けています。(初期表示では読んだ本のみの表示ですが、「条件を指定」で「読書状況」を「すべて」にすると登録した本がすべて出る…見なくていいです)

 『死に魅入られた人びと』の初読は2016年1月なんですね!と同時に、読書史上最強に私の感性に刺さらなかった『ドール』の途中読了も同月でした。懐かしい。

 

 測量野帳にドはまりしました。あとboothをやりたいです。

 

続きを読む