祈りにかえて

雑感雑記の文章練習・読書日記・調べもの進捗報告書/140文字以上用メモ

「お嬢さん」『征途』

「お嬢さん」をiPhoneで観ていて気づいたのですが、「お嬢さん」ってなんだかんだ「支配側」は変態なんですよね……。あの映画は強い政治性(政治というのは歴史問題とかのほう)は感じない、けど支配性・被支配性の激しい映画だと思っていました。でもよくよく考えたら日本人貴族は鞭で打たれてるし親日派の朝鮮人・上月もすごい変態だ。美人で機転の利くヒロイン(その1)は日本人なんですけれども、こちらは日本人といえども被支配側の人間です。

 みんな日本乙女に恋をするって感じでしたね。私の中で「アンダーグラウンド」を超えた。韓国本国では20分ほどの拡張版もあるみたいです。

 ところで「お嬢さん」を観るたび『痴人の愛』の野口武彦のこの解説を思い出します。

 三島由紀夫の評言をかりれば、谷崎にとって日本の敗戦とは、「日本の男が白人の男に敗れたと認識してガッカリしているときに、この人(注・谷崎)一人は、日本の男が、巨大な乳房と巨大な尻を持った白人の女に敗れた、という喜ばしい官能的構図」として敗戦を眺めていたということなのである。

  上月の「朝鮮は醜いが日本は美しいからでしょう」の言葉はこういう観点から来ているのではないのかな、と思いました。いや、もう少し色々複雑なんでしょうけど……ここはあまり突っ込まないぞ……。

『征途 愛蔵版』

 『征途 愛蔵版』は5cmほどの分厚い本です。シブヤンからサマールの一番盛り上がるところまで引っ張っておいて主人公の緻密な設定や過去を描写する構成、長編を書くときの参考にしたい。最初から淡々と細々とした説明に入ったら長編小説はしんどいのかもしれない。

 最近はTwitterで書籍の話をしています。書籍シャブをキメている。妙に話が飛躍する時期というのが周期で訪れるのですが、今がその時なのかな。疲れているときです。

 あんまり自虐すると見てもらえなくなっちゃうし見て頂いているのに失礼なのですけれど、完成度の高い一定の基準に達している作品が作れなくなりつつある?漫画を流れ作業で描いている?自分の作品に興奮しなくなった?気がしています。今は現実世界(?)が地味に大変なので気力が少ないのは仕方ないのです。が、もう少しどうにかしたいなぁと思っています。大変なのはみんな同じだし……。

 ということで最近は小説をちまちま書いていたり。「フィッシュオンザメリィゴオラウンド」という初代おやしおの進水小説プロットがあったりする。小説は起承転結の無さや物語のテンポ、狂いなどが漫画より可視化されやすい気がしています。良い訓練になるのではないかな。漫画は雰囲気が強いので……。最近は「雰囲気漫画」という概念を把握できつつあります。雰囲気漫画は嫌いではないですけど!

 長編小説も書きたいなと思っているのですが、これはなかなか……。破片は書きしたためていますが形にするのは難しい。しっかりと起承転結のあるプロットを立てるということを(漫画を含め)したことがほぼないので。プロットの書き方講座みたいな書籍を買うべきかしらと思っています。

続きを読む

「いずも」空母化(防衛計画の大綱)、『サザエさんキーワード事典』

  長編小説をどうにかしたいな~と思い『サザエさんキーワード事典』を読んでいました。『サザエさん』に出てくるワードから風俗を読み解く本。1946年から1974年までを網羅しています。

 在来型船型の栄光から終りまでってよくわかんないんですよね……大戦期とくらべて色んなことがわからないと思っています。時々書籍に出てくる「神代の時代」ですよね。なのでそれを調べて調べたなりにそれを網羅した小説を書きたい…です。完成しないこと前提であまり期待せずに書いています。完成せずとも調べること自体はとても重要なことなので……。

 *

 

続きを読む

『花を奉る』『巡洋艦入門』『太平洋戦争全史』

 ◎「兵器擬人化で伝えたいこと」「擬人化という手法を使って伝えたいこと」があいまいな気がする。

 ◎プロフィールにほしいものリストをリンクしてみました。ブクログの代わり。

 ◎フィクション・ノンフィクションかかわらず大戦期にまつわる映画・映像をみたいなと思います。

 

 『巡洋艦入門』読了。

潜水艦に女性起用へ、『花を奉る』

  潜水艦見学も26歳以下から32歳以下になるのかしら。

『花を奉る』『巡洋艦入門』

 本が最近山状(notタワー)になってしまっていて、どんどん保存状態が悪くなっています。もう部屋のキャパシティを超えている。私にもう少し本への敬意があれば意地でも綺麗な保存状態に出来るのに。

  ところで最近は教養本を読みすぎていて、小説や漫画で情景描写を学んだり、あるいはおふね本で知識を鍛えることが少し減ってしまっています。ちょっと危機感……。

 

f:id:lotushasu17:20181208173745j:plain

 そうりゅう

 

続きを読む

米軍機接触、『巡洋艦入門』『亡き王女のためのパヴァーヌ』

 『亡き王女のためのパヴァーヌ』を読了しました。前回の記事で結構辛辣なことを言っていた記憶があるのですが、読み終わってみれば(少し小説としては話が長すぎるんだけど)悪いものではなかったし色々興味深かったです。「オムライス」「アントニオ猪木」などの日本にまつわる言葉が出てきたり最後は日本に移住してしまうのが面白い。この「新しい韓国の文学シリーズ」には『長崎パパ』という本があり、その本は長崎が舞台のようです。

 「コリントの信徒への手紙を見てみろ、愛は情け深いと書いてあるじゃないか」(大意)みたいなセリフは日本文学じゃまず出ない気がする。少なくともこういう純愛小説の中には。偏見ですが……。

 

 ブログに書くことが大体読んだ本の記録でめちゃくちゃつまらないな……と思うのですが、まぁ休みは読書しかすることないですしね……。あと一二年立てばまた生活も変わるのかな?と思い我慢しています。

 

f:id:lotushasu17:20181206144550j:plain
f:id:lotushasu17:20181206144602j:plain

(クリックで大きく スマホは知らぬ)

 何かの世界を構築したいなぁと思う反面、帝国海軍の世界から離れフワフワしている気がしてならないです。もう少し資料を漁るペースを上げたい。

 一時期引っ掻き回すように帝国海軍の本を読んでいた時期があったんですけど、もうそれは3年前くらいのお話です。いまはのろのろまったり読んでいます。ので今読めばもう少しなにか違うことの発見ができるのでは?と思っています。時間が経過して感じることが変わっているかも!

 

続きを読む

たんぶら事変、『亡き王女のためのパヴァーヌ』

 tumblrの移転先を探していました。

 いつの間にかサイトが雲散霧消してしまったので心機一転サイト名(もとい移転先名)を変えようかな?と思うのですが…未定です。

 「悲しみばかりが青い大空の下に」は「お嬢さん」のサントラの一つなのですが、英タイトルだと「Thousand Woes Under the Blue Sky(青空の下の千の災禍)」なんですね。韓国語を訳してみたら「一万の悲しみが青い大空の下に」でした。桁が違う…?

일만 설움 푸른 궁창 아래

일만 설움 푸른 궁창 아래

  • Cho Young Wook & The Soundtrackings
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 空間性のある漫画を描きたいです。背景とかしっかり描きたい。

『亡き王女のためのパヴァーヌ』『巡洋艦入門』

 『亡き王女のためのパヴァーヌ (新しい韓国の文学12)』を読んでおります。面白い。面白いんですけど何か足りない。何だろう……と思ったとき、「この本を読むのなら普通の日本文学のメジャー作家を読んだほうが満足度は強いのでは」と感じていたことに気づいたのです。そうなんだよなー同じ値段でもう少し装丁が凝っていて、身近な本が日本文学にはあるんです。これは日本と韓国がどうとかそういう話ではなく、現代韓国文学であることのメリット、現代韓国文学じゃなきゃだめなところが少なくともこの本には感じられない気がする。そういう意味では『あなたたちの天国』は最高に良かったです。

 ただ筆者のパク・ミンギュさんのエッセイが表題になっている『目の眩んだ者たちの国家』はとても気になりますよ!!タイトルが良い。韓国社会を知らないしその時韓国にいないし知らないしなのでセウォル号にあまり共感できないのが難点ですが……。

 『巡洋艦入門』。スラバヤ沖海戦ってすごいんだな……と改めて思いました。

 どれだけ雑でもいいから書き下ろし漫画を入れたい……

 

続きを読む